2018/12/10 08:48

淡路島みつばちラップとは、
コットン生地にミツロウを染み込ませた洗って繰り返し使えるフードラップです。
野菜や果物を包んだり、カップやお皿のふたにしたり、
おにぎりやパンを包んで保存することもできます。
手のぬくもりで少し柔らかくなり布どうしがくっつく事により包んだ形が保たれます。


ミツロウの抗菌作用で食品をおいしく保存でき、
ゴミ減らすことのできるエコなキッチングッズです。

 

みつばちラップはミツロウラップやエコラップとも言われ、
環境保護に意識の高いオーストラリアを中心に様々なみつばちラップが作られています。

淡路島にあるアロマサロン、アロマピアのオーナーセラピストが長年培ってきた
アロマテラピーや自然療法の知識を生かし、
天然素材100%の安心安全なオリジナルレシピで手作りにて製作しています。

 

希少な淡路島産の日本ミツバチのミツロウを使用し、ひとつひとつ手作りしています。
みつばちラップの生地には淡路島名産の玉ねぎと、南あわじ市で発掘された銅鐸をデザインしています。